タカヒロコ イラストレーション ファイル: 2009年12月アーカイブ

2009年12月アーカイブ


christmas.jpg

クリスマスバッジのイラスト案
クリスマスプレゼント01
クリスマスプレゼント02
制作過程の続き。

15.枠を本体にはめ込み接着する
koutei15.jpg
使用しているチーク材は油分が多く水をはじくため、
のりがききにくいそうです。
2液性の強力なものを使用してもらいました。
私のファンデーションも2液性にしたいところです。


16.サンダーで目違いをはらう
koutei16.jpg
さようなら、目違い。
あなたたちのことも忘れません。


17.かんざしを入れるための溝を切る
koutei17.jpg
かんざしはちょっと厚めにつくり、
玄能(かなづち)で木殺し(叩いて薄くする)してボンドをつけて
きつく差し込みます。
専門用語でちょっとかしこくなりましたが、
「木殺し」ってなんだか官能的な響きがして気になります。


18.角にかんざしを8枚差し込む
koutei18.jpg
かんざしがきつく入りました。8枚も!


19.研磨→塗装→拭き取り×2
koutei19.jpg
サンドペーパーで細かく磨きます。
サンドペーパーの目をだんだんに細かくしていきさらに磨きます。
それからは
リボス自然塗料クリアー→耐水ペーパー→布で拭き取り。
これを二回繰り返します。
木のやさしい手触り、暖かいような見た目は
この丁寧な作業から生まれるんですね。
まるで一人の美女がやさしく日焼けオイルを何度も塗られ、
小麦色の肌を妖艶に輝かせていくようです。


20.完成!

logo_illust.jpg
どーん。
これが...

logo_illust02.jpg

TAKAHIROKOロゴのパズルなんです。

かわいい...
ハメてもかわいい...ハメなくてもかわいい...
一個一個のパーツもとてもかわいいです。
蛇の上のテントウムシまで、見事に作成してくれてます。
パズルの出し入れもスムーズでとても気持ちがいいです。
ぬけがらもかわいい...
もう表札にしたいぐらいなのですが、
野ざらしは心配なので部屋の中で寵愛しています。

kofuさん、細矢さん、
本当にありがとうございました!

クリスマスプレゼント日記三部作 完
クリスマスプレゼント01制作過程の続き。

5.超仕上げガンナでナイフマークを取る。

koutei05.jpg
ナイフマークとは、手押し・自動ガンナの刃の跡だそうです。
カンナにもいろんな種類があるんですね。
湯上り卵肌のようにツヤツヤになったようです。


6.コピーした紙を材料に貼る
koutei06.jpg
私のロゴが出てきました!木工品になるなんて考えもしなかった、
まだ何も知らない少女のようなウブなイラストです。
ワニの腕や蛇など、か細いのですが、
どうなるんでしょうか...ドキドキ。

7.糸ノコの刃を通すための穴をあける
koutei07.jpg
めでたく貫通式です!
少しずつ大人への階段を上ります。


8.糸ノコで形を切り抜く
koutei09.jpg
切り抜いた状態です。細いところもキレイに切り抜かれています。
恐るべし職人技です。。


10.本体のみ2mm程薄く削りなおす


11.電気ペンでパーツに書く
koutei11.jpg
私の絵が、木にヤキいれられています。
この作業も、
木製品になることを予期していなかった絵のため
細かくて大変だったと思います。
恐るべし手先の器用さです。


12.塗料はがしシンナーで紙を取り去る

私も、タッパーについているしつこいバーコードシールなら
お湯につけて必死に爪ではがした経験があります。


13.カッターで枠の溝を掘る

本当に、いくつもの細かい専門的な工程を経て、
製品ができるんですね。。ありがたいです。


14.横切り盤で枠の傾斜切り

後半、写真が消え去りましたが、
手抜きではないのです。
次の記事に完成品を掲載するので、
あまり全貌がわからないように、
再びもったいぶってみました。


つづく...




とてもとてもとてもとてもかわいいプレゼントを
kofuさんからいただきました。
木工職人さんにお願いして作ってもらった、
一足早いクリスマスプレゼントだそう。
職人技が光る、本当に素敵な手作りのプレゼントでした。

ありがたいことに、
職人さんが制作過程の写真をくださったので、
紹介します。

もったいぶるようですが...
完成品は最後に掲載します!


制作過程

1.横切盤による材料の粗取り

koutei01.jpg
この板から...
まだ、生まれたてのハダカンボのようですが、
白肌がキレイで、父としても将来に期待が持てます。


2.手押しガンナで基準面を作る

koutei02.jpg
専門的な工程で、迂闊に口をはさめません。


3.自動ガンナで厚さを決める

koutei03.jpg
専門的な工程で、迂闊に口をはさめません。
素敵なものには緻密な作業の積み重ねがあるのですね。


4.横切り盤で材料を切り分ける

koutei04.jpg
パーツが分けられました!
細身で美しいボディラインにうっとりです。


これからまたいくつもの工程を経て、
製品ができあがります。

つづく...


素材選びや細かいやりとりなどもkofuさんがやってくれました。
ありがとね。

制作は、
アトリエ「窓の木」の細矢さんです。
いただいたお手紙・写真から大変細やかな気遣いが伝わりました。
その気遣いが木製品に活きているのだと思いました。
ありがとうございます!

ピアニカの女

| コメント(2)
モデルの友達にこの絵の画像を送ったら、
KISSみたい!と言われる。
KISS?と思ったけど、そういえばそうだ!
ロックテイストになりすぎないよう気をつけました。
girl_pianika.jpg

ブログ記事・ページナビ

  • 1

最近のコメント

アイテム

  • logo_illust02.jpg
  • logo_illust.jpg
  • koutei19.jpg
  • koutei18.jpg
  • koutei17.jpg
  • koutei16.jpg
  • koutei15.jpg
  • koutei11.jpg
  • koutei09.jpg
  • koutei07.jpg

ウェブページ