タカヒロコ イラストレーション ファイル: 2012年11月アーカイブ

2012年11月アーカイブ


今回の展示にどうしても持っていきたかった「ゆきあがり小法師」。

私の地元、福島県会津地方に古くから伝わる縁起物である
「起き上がり小法師」。
東北復興の願いを込めて、
一つ一つ丁寧にイラストを手描きしました。

実物をみていただけるとわかるのですが、
起き上がり小法師のベースは手作りですので、
色んな形になっています。
ちょっと小さかったり、大きかったり、
少しだけへこんでいたり、傾いていたり。

小法師のベースは、
今では会津で一軒、
起き上がり小法師を作っている
「山田民芸」さんにわけていただきました。

中国産の起き上がり小法師も増えてきましたが、
私は断然、「山田民芸」さんの起き上がり小法師が大好きです。

シンプルな線で構成されているのに、
表情豊かなことといったら。
子供のころ、
一番かわいい小法師を数ある中から探すことが、
とっても楽しみでした。

私も、
元祖「起き上がり小法師」の
シンプルなかわいさ・配色を引き継ぎ、
「ゆきあがり小法師」を作成しました。

koboshi.jpg

真っ白な裸のままの小法師ベースをみて、
おなかがでている...少し食いしん坊の顔かな、
なんだか前のめり...居眠りをしている、等と、
それぞれのベースの個性を考えて、
楽しみながら、頭の中に浮かんだ図案を直接描いていきました。

販売で得た収益は、
県が行う災害復旧等対策の財源として福島県に寄付します。

◆福島県ホームページ「寄付金について」


「black bird white bird」2階のショップコーナーにあります。
「図案とその活用」展は11月25日まで。

来てくださるととても嬉しいです。




door.jpg


個展前日に書きかけだった日記。
バタバタしすぎてそのままになっていました。
前日は、深夜まで荷造り。
どう考えてもスーツケースの二倍の荷物なのに、
なんとか全部つめこもうとしたり、
ちょっと判断力がおかしくなっていました。


11月13日の日記

---------------------------------------------------

11月14日から京都で初個展。
明日、京都入りします。

今日はなんとか身の回りの準備をしました。
伸びっぱなしだった髪も、
すっきり散髪。
勢い余って、すっきりすぎるウオーズマンカットに。


■BGMについて

個展BGMは、敬愛するバンド、
sheepのメンバーにセレクトしてもらいました。

ずっと私の絵を近くでみてくれた
sheepメンバー。
音楽とイラスト、
形態は違えど、
制作のベースになっている
根っこはつながってると思い、
個展コンセプトをシンプルに伝え、
自由な選曲をお願いしました。

音楽は、私にとっての憧れ。
仕組みが全然わからないというのもあって、
魔法のように感じます。
制作の時も、
ひらめきをくれたり、
そっと背中を押されたり、
ぴしゃりと頬をはたかれたり。

sheepの曲ももちろん流れます。
楽しみだなあ。

sheepサイト
http://sheep-blue.com/index.html

ブログ記事・ページナビ

  • 1

最近のコメント

アイテム

  • door.jpg
  • koboshi.jpg

ウェブページ