タカヒロコ イラストレーション ファイル: diaryアーカイブ

diaryの最近のブログ記事


door.jpg


個展前日に書きかけだった日記。
バタバタしすぎてそのままになっていました。
前日は、深夜まで荷造り。
どう考えてもスーツケースの二倍の荷物なのに、
なんとか全部つめこもうとしたり、
ちょっと判断力がおかしくなっていました。


11月13日の日記

---------------------------------------------------

11月14日から京都で初個展。
明日、京都入りします。

今日はなんとか身の回りの準備をしました。
伸びっぱなしだった髪も、
すっきり散髪。
勢い余って、すっきりすぎるウオーズマンカットに。


■BGMについて

個展BGMは、敬愛するバンド、
sheepのメンバーにセレクトしてもらいました。

ずっと私の絵を近くでみてくれた
sheepメンバー。
音楽とイラスト、
形態は違えど、
制作のベースになっている
根っこはつながってると思い、
個展コンセプトをシンプルに伝え、
自由な選曲をお願いしました。

音楽は、私にとっての憧れ。
仕組みが全然わからないというのもあって、
魔法のように感じます。
制作の時も、
ひらめきをくれたり、
そっと背中を押されたり、
ぴしゃりと頬をはたかれたり。

sheepの曲ももちろん流れます。
楽しみだなあ。

sheepサイト
http://sheep-blue.com/index.html



サイトのworksに個展「図案とその活用」のお知らせをアップしました。

→個展「図案とその活用」のお知らせ


概要はぜひこちらをご確認ください。



今回、初個展を開催するのは、
京都にある「black bird white bird」ギャラリーです。
東京のソーンツリーギャラリーの企画・運営をしていた大久保さんが、
京都に新しくオープンしたギャラリーです。

大久保さんは、
数年前に私のサイトをみつけてくださって、
「原画をみせてくださいー」と連絡してくれました。

当時は、イラストレーターと名乗るのに罪悪感が伴う程、
ひっそりと活動していたので、
面識のない方に、単純に作品を「いい!」と言ってもらえて
凄く嬉しかったのを覚えています。

すっかり舞い上がってしまい、
今思うと作品と言えないものまでたくさんギャラリーに持っていきましたが、
お忙しいにも関わらず、一枚一枚、私のしどろもどろ(ヘドロ)な説明を聞きながら
とても丁寧にみてくださいました。
お話をしてみて、絵やイラスト、写真等への愛が満ち溢れていて、
とても尊敬できる方だなと感じました。

一度、御迷惑をかけてしまったこともあるのですが、
そんな時でも、とても誠実で前を向けるようなお言葉をいただいてしまいました。

そんなこんなで...

今回、個展のお話をいただいたときは、
まだギャラリーのオープン前でした。
内装工事中の写真と図面をみるまでもなく、
大久保さんのギャラリーならきっと素敵でおもしろいに決まっているといると思い、
こちらで個展を開催する運びとなりました。

■個人的に追加で嬉しいポイント
・ギャラリーの名前に鳥が入っている
・ギャラリーロゴ
(数年前にファンメールを送ったこともある...山崎美帆さんが担当されています)
・蔵を改装したつくり
(小さい頃、蔵を改装したお家に住んでいました)
・京都!
・私の前は川瀬知代さん
(川瀬さんテキスタイルの服を着ていたら不思議と出会えました)

私的な想いを書きすぎました...
ブログなので、たまにはいいでしょう。


初個展、是非足を運んでくださると嬉しいです。





タカヒロコイラストサイトがリニューアル(プレ)オープンしました。




port_img.jpg


プレオープンのため、レイアウト等見苦しいところもありますが、
みてくださると嬉しいです。

お仕事情報が見やすくなったと思います。
このブログと合わせて、こまめな更新を心がけます。


ライブ sheep企画 "草でも喰ってろ"

sheep_photo.jpg


sheepの一曲、「wedding song」にイラストをそえました。

この曲は結婚のお祝いにいただいた、とてもとても大切な曲です。

突き抜けた青空とブルーシートの間で初演奏してくれたこと、
今でも思い出すと青っぱなたらしそうになります。

曲はもちろん、詞も素晴らしいのです。
作詞のnatsukiさんに許可をもらったので、
掲載します。



wedding song

幾千回も おなじ月を 見よう

ああ きみの手をとり
暮れる街を 見よう

ふたりが

いついつまでも
並んで歩けるように

きみの美しさを 

ずっと 憶えていよう

白く 咲いた

花のような

春も夏も秋も冬も

晴れも陰る日も

泣いた 笑った

重なる 日々が
やさしくあるように




とても良い曲だけに、
イラストをそえるのにプレッシャーがあったのですが、




02.jpg





04.jpg





07.jpg



のようなイラスト他数枚と共に演奏してくれました。

結婚は、お互いの様々な価値観が合わさるという意味で、
複数のタッチを混ぜて描きました。



草でも喰ってろ企画、楽しくてあっという間でした。
こっそり感想を。
(音楽全くできないので、抽象的な文で恥ずかしいですが...)


平賀さち枝さん
美しくて生々しい歌声。
すっと詩の中に惹きこまれ、心奪われました。

wool strings
ずっと生で聴きたかったので、やっと観れて嬉しかったです。
日が暮れて、優しい光があちこちで灯っていくような音楽。
マトリョミンが歌い、驚く。

AMA
ギター一本でどんどん拡がっていく世界。歌声の力を感じました。
イラストも素敵です。

herajika
華やかなドラミングに一瞬で胸ぐらつかまれ、
ここではないどこかへ放り投げられました。
何度観てもワクワクする!

swim
呼吸する音も大事にしているような繊細な音楽。
眠りにつく時のような心地よさで、半分まどろみました。

sheep
音楽の喜びがダイレクトに伝わってきました。
名曲ばかり!どんどん進化していく繊細なアレンジ...
次回のライブは
2010/12/12
18:30スタート
下北沢 mona records
とのこと。
ぜひ生で聴いてほしいです。


大好きな音楽に少しでも関われたこと、ほんとに嬉しかった!
ありがとうございます。
フライヤー

フライヤーデザイン: sae イラスト: 須山奈津希

at 阿佐ヶ谷gamuso

sheep企画 "草でも喰ってろ"

平賀さち枝 / wool strings / AMA / swim / herajika / sheep
art work: 加藤甫 / 須山奈津希 / タカヒロコ
souvenir coordinate: マミトモ

open18:00 / start18:30
当日500円 + 1drink(500円)


大好きなバンド、

sheepが企画するライブイベントのために

イラストを描きました。

(「 wedding song 」という曲にイラストをそっとそえます。)


素敵な音楽に関われることを

とてもとても嬉しく思います。


ライブは本日13日。共演陣もとても豪華!

(↓sheepブログに、丁寧な紹介があります)

http://blog.sheep-blue.com/


ぜひ遊びにきてください。

私も、遠足前の子供のように胸が高鳴ります。

ブログ記事・ページナビ

最近のコメント

アイテム

  • shirokuma.png
  • hokkyokuguma.png
  • ubies_cap.png
  • 9784768305577.jpg
  • dbcf8cec3aabb388c8dc_460x460.png
  • 43e942167c3d00035530_460x460.png
  • designbook.png
  • dm_s.jpg
  • 1200947074.jpg
  • i_000750_1.jpg

ウェブページ