2018年2月アーカイブ


IMG_5255.jpg



zine「私の好きなふくしま」、
東京では高円寺の読書と手紙の店Amleteron(アムレテロン)さんで
販売しています。
新たに、仙台を拠点とした移動本屋のペンギン文庫さんにも取り扱いいただきます。
岩手盛岡のCyg gallery企画「アートブックターミナル東北2017」に出展したことにより
縁をつないでいただきました(ありがとうございます)。
Cygさんには2018年3月までオンラインショップで販売いただいています。


▼Cyg gallery(http://cyg-morioka.com



福島の作品が東京にとどまったり、東北各地を旅できるなんて本当に嬉しいです...




【追記】新たに北鎌倉の喫茶ミンカさんでも販売していただけることとなりました。


▼喫茶ミンカ

元スタッフの方がオーナーさんに福島のzineがあるとみせてくださり、
お店で閲覧できるようにしてくれていたそうです。
いただいたメールにとてもあたたかいご感想へと福島の想いが書かれていて
何度も読み返しました。
お店にはまだ行けていないのですが一足先にzineを置いていただきました。
こちらの記事を読むと本当に気持ちが込められた場所、
本への愛情溢れるお店だなあということがわかります。
お伺いするのが楽しみ。固めプリンも食べたい...

ART AND MOREの名店手帖vol.2





▼ペンギン文庫(http://penguin-bunco.com

仙台を拠点として写真や美術、文芸、詩などの新刊書を取り扱う移動本屋さん。
行く先々で本をセレクトしています。
益子の陶器市でおみかけして
旅する本屋...とても夢があるなあと思っていました。
(残念ながら時間外で中には入れませんでした)
その土地にあわせて選ばれた本や素敵な車を眺めたいので追いかけて乗り込みたいです。

3/17日オープンする仙台の勾当台公園内「ライブラリーパーク」でも
販売してくださるそうです。
http://live-rally-park.jp/


22814478_1969262356629304_8974696502494135464_n.jpg




なんとなくアルファベットバッジ、WAバッジ、zine「コーヒーは宇宙」、
個展で作った「生き、もの、たち。」の文鳥ポストカードも販売いただいています。
お店のあちこちで心動かされるものがみつかるので
いつ行っても刺激をもらえるお店です。

IMG_5256.jpg

店主のアマヤさんがzine「私の好きなふくしま」の感想を綴ってくれました。
こんなに汲み取ってくれるなんてと嬉しかったのでご紹介します。




タカヒロコ「私の好きなふくしま」 

筆者が生まれ育った故郷、福島の好きなところ、ものを描いた冊子。
読んでいて、知らない場所なのになんともいえない郷愁の念にかられます。
  . 
 アムレテロンでロングなだけでなくベストセラーな
「なんとなくアルファベットバッジ」のイラストレーター、
タカヒロコさんの極私的な視点ながら、郷愁という意味において、
大きく共感もするこの冊子は添えられたイラストも味わい深く、
抱きしめたくなります。
  . 
この表紙にもなった犬のお尻がお尻だけどお尻じゃないユーモア。 
そして本中に添えられた文章にはじんわりするだけでなく、
息を呑むようなやりきれなさもわきあがります。
  .
  .
  . 
  .
  . 
東京で生まれ、東京をはじめとする関東近郊で育ったわたしは、
いわゆる田舎のある人が羨ましく、こどもの頃、
わたしの田舎はどこなの?と聞いたことがあるくらい。 
タカヒロコさんのこの冊子を読んでいてやっぱり羨ましい気持ちにもなった。
  .
  .
  .
  .
  .



どこかでzineをみかけましたらどうぞよろしくお願いいたします。

91+ZjDD8nbL.jpg




オズマガジン最新号、ひとり東京さんぽの「ひとり映画さんぽ」特集で
辛酸なめ子さん、山内マリコさん、細谷美香さん、よしひろまさみちさん、
編集長イノウエさん、キノイグルーさんの6人の似顔絵を描きました。
それぞれの映画への想いを感じる特集、
黒板ギャラリーを眺めながら待ち時間も楽しめる
ユジク阿佐ヶ谷も紹介されています。
キノイグルー移動映画館は夏の日に屋上で観た作品、
ビールのおいしさと一緒に記憶に残っています。




IMG_5212.jpgIMG_5213.jpg